2022年08月22日 からだの情報

心機能による心不全分類について

comoro 中目黒イメージキャラクター

前回は心不全が疑われた場合に行う検査についてでした。その中で動きを評価する心臓超音波検査(心エコー)は非常に重要な位置づけになっており、その点について解説したいと思います。

心不全というと一般の方のイメージは『動きが悪い』『弱っている』そんな感じではないでしょうか?確かに動きが悪い心不全は最も一般的ですが、実際には一見、動きが悪くない心不全も約半数程度あり、その経過(予後)も動きが悪い心不全とあまり変わらないことが知られています。

ですので、まず行うべきは『動きの悪さで分類する』ということになります。
動きの悪さは主に左心室の収縮力(EF:Ejection Fraction)によって、以下のように分類されます。

HFpEF(Heart Failure preserved EF):EFが50%以上
HFmrEF(Heart Failure midrange EF):EFが40~50%未満
HFrEF(Heart Failure reduced EF):EFが40%未満

他にも心機能が改善した場合、変化を認めない場合など、細かな分類もあります。
これらEFによる分類を参考に薬物療法が検討されるようになります。まずはこのEFによる動きの悪さを分類することが治療のファーストステップということになります。

 

参考文献
2021年 JCS/JHFS ガイドライン フォーカスアップデート版 急性・慢性心不全診療
2017年改訂版 JCS/JHFS 急性・慢性心不全診療ガイライン
2022 AHA/ACC/HFSA Guideline for the Management of Heart Failure
2021 ESC Guidelines for the diagnosis and treatment of acute and chronic heart failure

 

中目黒診療所 内科・循環器内科
院長 西原崇創

注意事項

発熱、風邪症状、下痢、咳などのご症状が
ある方は、WEBからのご予約はできません。
必ずお電話でご連絡ください。

上記注意事項をお読みいただきましたら、
[WEB診療予約]へお進みください。

WEB診療予約

閉じる