2022年09月22日 予防接種・検査

インフルエンザワクチンをお受けいただけます

最近数年は流行しておりませんでしたが、実績のあるインフルエンザワクチンで今年の秋冬に備えていきましょう。

ワクチンのウイルス株はWHOの推奨や昨年の流行株とヒト血清抗体との反応性や製造効率などをもとに厚生労働省指導の下、製造されます。
2022年度の選定株は以下になります。

A型株 A/ビクトリア/1/2020(IVR217)(H1N1)
A/ダーウイン/9/2021(SAN-010)(H3N2)
B型株 B/プーケット/3073/2013(山形系統)
B/オーストリア/1359417/2021(ビクトリア系統)

 

このように毎年A型とB型を混合した形で製造されています。

また、従来接種が控えられていた卵アレルギーを有する方については、インフルエンザワクチンによるアレルギー反応と卵による反応は別物と考えられることから、アナフィラキシーなど、重度のアレルギー反応の既往がない限り接種可能と判断されるようになってきています。ご心配の方は当日接種の可否を判断させていただきますので、予診票に必ず記載ください。(Remi Gagnon, et al., JACI, 126, 317-323, 2010.)

費用について
自費:3500円
東京都総合組合保健施設振興協会(東振協)加盟:3000円
自費(任意接種)の方は9月26日より接種開始になります。
公費適応(定期接種)、東振協の方は10月1日より開始になりますので、お間違えのないようお願い致します。

接種回数について
13歳以上:0.5ml/回(シーズン1回)
3歳以上~13歳未満:0.5ml/回×2(シーズン2回)
6か月以上~3歳未満:0.25ml/回×2(シーズン2回)
*初回から2回目接種までは2~4週間程度あけるようにしてください。

当院では一般成人向けの接種を優先に行いますので、ご了承ください。
また、在庫等の確認が必要ですので、事前に必ずお問い合わせください。
電話:03-6303-3263

インフルエンザワクチンQ&A
Q:今年のワクチンはどのようなタイプですか?
A:毎年、厚労省で検討され、A型とB型を含むものが作られています

Q:いつまでに接種することが望ましいか?
A:流行前に接種を終了することが望ましいので、年内にはお受けください

Q:妊婦や授乳婦でも接種可能ですか?

A:可能です。かかりつけの婦人科や小児科で事前に了承を得てください。

Q:初めて接種するが大丈夫でしょうか?
A:当日予診票を記載いただき、医師が接種の可否を判断させていただきます。

Q:アレルギー体質だが接種できますか?
A:予診票を参考に医師が可否を判断させていただきます。

Q:コロナワクチンを受けたばかりだが、どうすればよいでしょうか?
A:海外では同時接種も行われるようになってきています。ご心配であれば、先行して受けたワクチンの副反応から改善した後、もしくは2週間ほど間隔をあけて接種のご検討をされてください。

Q:小児だけ接種をうけることは可能ですか?
A:当院は小児科ではございませんので、ご両親もご一緒にお受けいただく場合に限り、お受けいただけます。

Q:小児のように成人でも2回接種できませんか?
A:当院では1回のみの接種をお勧めしています。

Q:何歳までの小児で2回接種を推奨されていますか?
A:13歳まで(未満)の方で2回接種が勧められています。

Q:区から接種クーポンが届いています
A:接種当日に必ずご持参ください。

Q:費用はいくらになりますか?
A:自費(任意)の方3500円、東京都総合組合保健施設振興協会(東振協)加盟の方3000円になります。ご不明な点がございましたら、お電話(03-6303-3263)ください。

中目黒診療所 内科・循環器内科
院長 西原崇創

注意事項

発熱、風邪症状、下痢、咳などのご症状が
ある方は、WEBからのご予約はできません。
必ずお電話でご連絡ください。

上記注意事項をお読みいただきましたら、
[WEB診療予約]へお進みください。

WEB診療予約

閉じる