2022年06月10日 からだの情報

コーヒーで心疾患予防はできるのか?

comoro 中目黒イメージキャラクター

はるか昔のエチオピアで、ヤギ飼いカルディがコーヒー豆を発見したのは、ある木の実を食べたヤギが夜も眠れないほど元気になったから、という伝説が残っています。ヤギではないですが、朝飲むコーヒーが一日の始まりに欠かせない、という人もとても多いと思います。

コーヒーは短期的には血圧上昇や動悸などの原因になりますが、日常的に飲んでいる方ではその反応が鈍くなることが分かっています。適度なコーヒー摂取は交感神経活性化を抑え、心不全発症リスクを低減させる可能性が報告されています。また、心不全だけではなく、様々な原因を含めた全死亡や心疾患を減らすという報告は複数あります。(直接的に心筋梗塞を減らすという報告は私が調べた範囲ではなさそうです)この点についてはまだ未知の成分が関与している可能性がありますが、一定の傾向として認められています。

ただ、実際にコーヒーが体に直接的にプラスに働くのか、それともコーヒーを飲む習慣がある人がたまたま健康的なのかはより詳細な検討が必要でしょう。

では、心臓病が予防できると仮定して適度なコーヒー摂取量はどの程度?言うのでしょうか?様々な検討を見てみると、おおむね3~4杯/日までが無難なようです。
(それ以上になると報告によりバラつきが出てきます。)
ですので、気分転換で一日数杯のコーヒーならちょうどよいと言えそうです。

参考文献
Ann Intern Med. 2008 Jun 17;148(12):904-14.
Circulation. 2006 May 2;113(17):2045-53.
N Engl J Med. 2012 May 17;366(20):1891-904.
Circulation. 2014 Feb 11;129(6):643-59
Ann Intern Med. 2017 Aug 15;167(4):228-235.
Stroke. 2021 Mar;52(3):957-965.
Ann Intern Med. 2022 May 31. doi: 10.7326/M21-2977.

今回は、中目黒駅前のコーヒー専門店をご紹介したいと思います。
注文焙煎豆虎 中目黒焙煎所
https://www.mametora.jp/
小さなお店ですが、とても多くの種類のコーヒー豆があります。駅を降りるとコーヒーの良い香りが届きます。注文してから焙煎してくれるので、そのワクワク感がたまりません。テイクアウトのコーヒーやモカリッチソフトなどがあり、気楽にフラッと立ち寄るにはちょうど良いと思います。

中目黒診療所 内科・循環器内科
院長 西原崇創

注意事項

発熱、風邪症状、下痢、咳などのご症状が
ある方は、WEBからのご予約はできません。
必ずお電話でご連絡ください。

上記注意事項をお読みいただきましたら、
[WEB診療予約]へお進みください。

WEB診療予約

閉じる