2022年06月13日 からだの情報

コーヒーは糖尿病予防に有効か?

comoro 中目黒イメージキャラクター

ちょっとほろ苦い関係について考えてみました

コーヒーが糖尿病に効く!
以前にネットや雑誌などで広く取り上げられたので覚えていらっしゃる方もいると思います。コーヒーと糖尿病の関係については2000年頃から盛んに研究されてきました。実際、実験的にもコーヒーを飲むとインスリン感受性が増し、高血糖になりにくなどが報告されています。

コーヒーのどのような作用が糖尿病に効いているのか?については単一の物質が効いているというよりもかなり多面的であると考えられています。
✓カロリー消費(基礎代謝の増加)が増すことによる減量作用
✓抗酸化作用
✓抗炎症作用
✓プロバイオティックス様作用による腸内細菌環境の改善
✓アデノシン受容体へ作用し、血糖コントロールに関与する
など様々な作用が報告されています。ただ、多くの報告は実験データですので、どの要素が最も強く働いているのか?についてはあまりよく分かっていないと思います。

今まで検討された中で、2018年に発表されたメタ解析をご紹介したいと思います。
2017年12月までに発表された30本の論文、1185210人を対象に検討されました。
結果は全くコーヒーを飲まない場合に比べ、平均5杯/日程度飲む方が糖尿病発症リスクが29%低下したというものでした。また、この効果はコーヒー消費量とともに増すことが分かり、カフェインレス(デカフェ)であっても同様の傾向を認めました。

コーヒーと糖尿病に関する報告を見ると、効果には違いがありますが、一貫性があることからプラスに働くのはほぼ間違いなさそうです。また、この効果は比較的たくさんのコーヒーを飲んでいる場合に認められています。このように書くと、『明日からコーヒーをガブガブ飲もう!』と思うかもしれません。しかし、コーヒーにも闇はあります。次回はコーヒー摂取のデメリットについてまとめたいと思います。

参考文献
Diabetologia. 2004 Dec;47(12):2145-51.
Am J Clin Nutr. 2008 May;87(5):1254-61.
Arch Intern Med. 2009 Dec 14;169(22):2053-63.
Br J Nutr. 2010 Feb;103(3):453-9.
Diabetes Care. 2014 Feb;37(2):569-86.
Nutr Rev. 2018 Jun 1;76(6):395-417.
BMJ Open Diabetes Res Care. 2020 Oct;8(1):e001252.

今回はご紹介するのは・・・
GOOD SOUND COFFEE 中目黒店 になります
https://www.goodsoundcoffee.com/

駅から山手通りを渡って、目黒川を過ぎると左手に店が見えてきます。とてもオープンな雰囲気で心地よい音楽が流れ、中も広いので、美味しいコーヒーでゆっくりとした時間が過ごせそうです。

中目黒診療所 内科・循環器内科
院長 西原崇創

注意事項

発熱、風邪症状、下痢、咳などのご症状が
ある方は、WEBからのご予約はできません。
必ずお電話でご連絡ください。

上記注意事項をお読みいただきましたら、
[WEB診療予約]へお進みください。

WEB診療予約

閉じる