2022年10月25日 予防接種・検査

新型コロナワクチン(オミクロン株対応2価ワクチン)をお受けいただけます

11月12日(土)より当院でも新型コロナワクチンをお受けいただけるようになりました。お受けいただけるのはファイザー社製オミクロン対応2価ワクチン(コミナティRTU筋注)になります。

ご予約はお電話(03-6303-3263)でのみお受けいたします。
web予約からはお受けできませんので、よろしくお願いいたします。
※土曜午後に接種を行っています。

ファイザー社製オミクロン株対応2価ワクチン(コミナティRTU筋注)について
最新のメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンになります。従来株(起源株)とオミクロン株BA.4/5のスパイクタンパク質の設計図となるmRNA を脂質膜に包んだ製剤です。従来型のファイザー社製ワクチンと同様のメカニズムになりますが、従来株とオミクロン株対応の2種類を含むため『2価』という言葉を使います。2種類含んでいることで、今後問題になる変異株への効果も期待されています。

ワクチンの効果
従来のmRNAワクチンに比べて、オミクロン株対応ワクチンはオミクロン株に対する中和抗体の量が多く産生される(約1.5~2.0倍)ようになると報告されています。その効果の持続期間に関する信頼できるデータは今のところ報告がありません。

接種の対象
・12歳以上の方
・1、2回目接種が完了している方
・前回接種完了から3か月以上経過している方(2022年10月25日現在)

オミクロン株対応2価ワクチンは3回目以降接種の方が対象になります。

前回接種のワクチンの種類は問いません。ただし、5回目接種の場合、3もしくは4回目でオミクロン対応ワクチンを受けていないことが条件になります。
まだ1もしくは2回目接種が終了していない方は目黒区へお問い合わせください。

16歳未満の場合、保護者の同伴と予診票への保護者の署名が必要になります。署名がない場合、ワクチン接種はお受けいただけませんのでよろしくお願いします。

また、インフルエンザワクチンとの同時接種も可能です。ご予約の際に必ず事前にお伝えください。

接種を受けるためのお手続き
従来の手続きと同様になります。既に自治体から3回目又は4回目用の接種券が届いている方は、その接種券を使ってお受けいただけます。

接種をお受けいただけない方
・明らかに発熱している場合
・重篤な急性疾患にかかっている場合
・ワクチンや構成成分に対しアナフィラキシーなどの重篤なアレルギーの既往がある場合
・当日の問診で医師が不適切と判断した場合

妊娠中または妊娠している可能性がある方、授乳婦の方は事前に必ずお伝えください。
かかりつけ婦人科、小児科に接種の可否を事前にご相談ください。

接種費用
全額公費(無料)になります。

接種後、体調観察をさせていただきます
0.3ml/回を筋肉内注射します。

接種後15分程度、体調変化を観察させていただきますので、お時間に余裕をもってお越しください。また、過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こしたことがある方、気分が悪くなったり失神等を起こしたことがある方、またご本人の希望がある場合には30分程度体調観察をさせていただきます。

副反応について
接種部位の痛み、頭痛、関節や筋肉痛、疲労、寒気、発熱等はあります。(10~50%)
重篤な副反応としてアナフィラキシーやショックがあります。(約10人/100万接種程度)

また、きわめて稀ですが、一部報道で話題になりました心筋炎や心膜炎、ギランバレー症候群の報告があります。接種後数日経過し、息切れやむくみ、手足に力がはいりにくいなど、普段と体調が異なる場合にはご連絡ください。

接種後副反応による健康被害への救済制度
重篤な副反応が生じた場合、予防接種法に基づき救済をお受けいただけます。
詳しくは以下のリンクをご参考にされてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_kenkouhigaikyuusai.html

接種できる予約枠には限りがあります。早めのご連絡をお待ちしております。
※コロナワクチンの予約キャンセルは原則としてお受けできません。


参考リンク先
厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_autumn2022.html

目黒区
https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/shinryo/yobosesshu/covid19/index.html

新型コロナワクチンQ&A
Q:予約方法を教えてください
A:当院にお電話(03-6303-3263)ください。当日は接種券(クーポン)および保険証をご用意ください。

Q:住まいは別の区なのですが?接種可能でしょうか?
A:目黒区在住の方が対象になりますので、ご了承ください。

Q:接種対象を教えてください
A:12歳以上の方、2回目までの接種が終了している方、前回接種から3か月以上経過している方になります。最近になり接種間隔が短縮(5→3か月)されました。

Q:今回のワクチンはどのようなものですか?
A:当院でお受けいただけるのはファイザー社のオミクロン対応2価ワクチンになります。

Q:2価とはどのような意味ですか?
A:従来株とオミクロン株対応の2種類が入っているので、2価という表現を使います。

Q:ワクチンの効果はどの程度なのでしょうか?
A:従来型に比べて抗体産生量が1.5~2.0倍多いとされています。ただし、この抗体がどの程度続くのかについては最新のワクチンであるため十分なデータがありません。

Q:保護者の同伴が必要な場合はどのような時ですか?
A:16歳未満の場合、保護者同伴と予診票への署名が必要です。署名がない場合、ワクチンをお受けいただけませんので、よろしくお願いします。

Q:インフルエンザワクチンとの接種間隔はどのように考えればよいでしょうか?
A:すでに海外では同時接種が行われています。日本でも同時接種は認められていますので、ご希望の方は事前に受付にご連絡ください。また、副反応などがご心配の場合、2週間程度空けていただき接種をご検討ください。

Q:インフルエンザ以外のワクチン接種にはどのくらい期間を空ければよいでしょうか?
A:最低2週間程度空けていただければ大丈夫です。

Q:クーポン(接種券)は必要ですか?
A:2回目までと同じ手続きになりますので、お手元にご用意ください。

Q:自費での追加接種は可能でしょうか?
A:コロナワクチンは国の事業ですので、任意接種は行っておりません。

Q:すでに4回目接種していますが、5回目接種は可能ですか?
A:5回目接種を希望される場合、前回から3か月以上経過していること、3もしくは4回目にオミクロン対応ワクチンを接種していないことが条件になります。

Q:オミクロン対応ワクチンの商品名を教えてください
A:ファイザー社はコミナティ、モデルナ社はスパイクバックスという商品名です。

Q:接種を受けられないのはどのような時でしょうか?
A:発熱がある場合、重篤な急性疾患にかかっている場合、今までコロナワクチン接種でアナフィラキシーなどの重篤な副反応がある場合、当日問診で医師が接種不可と判断した場合です。

Q:妊娠中や授乳中ですが、接種可能ですか?
A:可能です。事前にかかりつけの婦人科などにご相談いただいてからご連絡ください。

Q:接種費用はいくらですか?
A:全額公費ですので、無料です。

Q:時間はどのくらいかかりますか?
A:従来どおり、接種後15分程度体調観察をさせていただきます。当日必要と判断された場合、30分程度お時間をいただきますので、時間に余裕をもってお越しください。

Q:どこに注射するのですか?
A:上腕の三角筋に0.3ml筋肉内注射いたします。

Q:接種後当日の過ごし方について教えてください。
A:激しい運動、飲酒を避けていただければ通常通り、お過ごしいただけます。

Q:今までのコロナワクチンと副反応の頻度は異なりますか?
A:米国などからの報告では従来と変わらないとされています。

Q:接種証明書が欲しいのですが?
A:接種時に発行される予防接種済証又は接種記録書がワクチン接種を示す正式な書類として、ご利用できます。不十分な場合には区の予防接種課へお問い合わせください。

 

中目黒診療所 内科・循環器内科
院長 西原崇創

注意事項

発熱、風邪症状、下痢、咳などのご症状が
ある方は、WEBからのご予約はできません。
必ずお電話でご連絡ください。

上記注意事項をお読みいただきましたら、
[WEB診療予約]へお進みください。

WEB診療予約

閉じる